桜の雑学!桜前線の速度は何キロ?ソメイヨシノが無くなる?

スポンサーリンク

テレビなどでは、お花見シーズンが近づいてくると、話題になるのが「桜前線」。

 

ところで、桜前線ってなんなの?

 

とかとか、そんなお話をしたいと思います。

加えて、お花見の将来が大変革するお話も、最後にしたいと思います。

桜

スポンサーリンク

桜前線の速度は何キロ?

 

桜の開花日とは、つぼみの中で5~6輪の花が咲いた状態の時を、桜の開花日といいます。

ソメイヨシノは挿し木や接ぎ木でしか繁殖させられないクローン栽培品種です。

その影響で、この木は気温などの気象条件さえ一致すれば、遠隔地同士であっても同時に開花する性質があります。

ですから、この等しい開花地点を繋いだ線が

「桜前線」となるわけです。

 

さて、ソメイヨシノが最も早く開花するのは四国の高知。

その後北上し 最後は北海道の根室で、この速度を計算された方によると、

高知~東京が時速1.8km/h。

その後、スピードは遅くなり東京~根室で0.8km/hだそうです。

つまり、赤ちゃんのハイハイするスピードと同じなんですね。

 

最前線の意味とは?

最前線とは、敵に最も近い戦場一帯を指し示す言葉で、転じて、進行している事象の最先端をさし、色々な分野で使われています。

 

桜の開花が等しい地点を結んだ線が、ヒタヒタと北上する様子は、まさに「最前線」という言葉どおりです。

 

尚、この前線には二つの種類があります。

 

ひとつは、「桜前線」のように日本を北上するなど大きく移動するようなもの。

 

もう一つが「梅雨前線」のように、ほぼ同じ位置に長くとどまるタイプのものです。

 

ここで、ひとつめの桜前線のようなものを

『生物季節前線』といい、もう一つの梅雨前線のようなものは、気象学上の『季節性のある停滞前線』と言います。

 

春は桜前線で他の季節の最前線はあるの?

 

春は桜前線(厳密にいえば、桜の開花日前線)が有名ですが、他にも風流なものとしては「梅の開花日前線」があります。

 

その他にも、最近時はみんなが影響を受けやすいスギ花粉の飛散がはじまる「スギ花粉前線」があります。

また秋の訪れをつげる、「すすきの開花日前線」などもあります。

 

気象学上の前線でいえば、3月~4月ごろに発生する「春雨前線(菜種梅雨の停滞前線)」

 

6月~7月の「梅雨前線」、9月ごろに東日本付近で発生し、南下して行く「秋雨前線」、秋から冬(11月~12月ころ)にかけ、梅雨時のようなぐずついた天候を「山茶花前線(正確には、山茶花梅雨)」といいます。

 

将来はソメイヨシノからジンダイアケボノになる?

 

花見といえばソメイヨシノ、日本国内にある桜のおよそ80%がこの品種だといわれています。

ソメイヨシノは、てんぐ巣病という病気に弱く、しかも同じ遺伝子を持つクローンの悲しさ。

 

ひとたび、発生すると伝染し、病気が蔓延しやすいという欠点を持っています。

 

こういったことから、2009年にはソメイヨシノの苗木の販売と配布を停止し、代替品種への植え替えが進んでいます。

 

その代替品種がシンダイアケボノです。

 

この品種の誕生は興味深いもので、1912年、日本から米国にソメイヨシノが贈られましたが、これが別品種の桜と交配し、Akebono(アケボノ)が誕生。

 

1965年今度は米国から日本に、この品種が逆輸入されます。

 

この桜を神代植物公園で接ぎ木して育て、ある日そのうちの一本がAkebonoとは異なる特徴を持つ花をつけました。

 

この桜こそがシンダイアケボノです。

 

その花はソメイヨシノよりは多少濃いめのピンクで、そのうえ丈夫で病気に強いそうです。

 

おわりに

シンダイアケボノは、ピンクの桜の絵を思い描いたとうりの色合いで、花もそれぞれ濃淡があり、

木全体がピンクのグラデーション! すばらしく美しいといいます。

ソメイヨシノは人間によって創りだされ、人間の都合に翻弄される運命なのか?

ちょっと気の毒なような、寂しいような・・・でもその美しさはシンダイアケボノに引き継がれている。

それで良しとしましょう・・・

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました