本ページはプロモーションが含まれています。

はんこと印鑑と捺印と押印の違いって何?日本のしきたり

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク
スポンサー

1・はんこと印鑑の違い

はんこと印鑑は、どちらも文字を刻んだ印章であり、日常生活やビジネスシーンでよく用いられています。

しかし、はんこと印鑑には、それぞれ異なる定義や意味があります。

1・はんこと印鑑の違い

2・はんことは

はんことは、文字や図形を刻んだ印章の総称です。

はんこの種類は、大きく分けて「認印」「実印」「銀行印」「角印」「丸印」などがあります。

認印:日常生活でよく用いられる印章で、一般的には朱肉を使って押します。

実印:不動産売買や契約書など、重要な書類に押す印章です。

認印とは異なり、印鑑証明書を取得することができます。

銀行印:通帳やキャッシュカードに押す印章です。

認印や実印とは異なり、印鑑証明書を取得することはできません。

角印:会社や団体などの名称を刻んだ印章です。

丸印:個人の名前を刻んだ印章です。

3・印鑑とは

印鑑とは、はんこの一種で、主に法律行為や重要書類に押す印章です。

印鑑は、印鑑証明書を取得することで、その印鑑の所有者を証明することができます。

印鑑の種類は、実印の他に銀行印や認印などがあります。

4・捺印と押印の違い

捺印と押印は、どちらも印鑑を押す行為を指しますが、意味や法的効力に違いがあります。

●捺印とは

捺印とは、自筆で署名をした後に、印鑑を押す行為です。

捺印は、署名と印鑑の組み合わせによって、その書類の作成者が本人であることを証明することができ、

そのため、捺印は、契約書や重要書類など、特に重要な書類に用いられます。

●押印とは

押印とは、あらかじめ記名された書面に、印鑑を押す行為です。

押印は、署名がなくても、印鑑によってその書類の作成者の意思を証明することができます。

そのため、押印は、請求書や領収書など、日常的に用いられる書類に用いられます。

5・捺印と押印の法的効力

捺印と押印には、それぞれ異なる法的効力があります。

● 捺印の法的効力

捺印は、署名と印鑑の組み合わせによって、その書類の作成者が本人であることを証明することができます。

そのため捺印は、契約書や重要書類など、特に重要な書類に用いられます。

捺印された書類は、その書類に記載された内容が、本人の意思に基づいて作成されたものとして、法的な効力を有します。

●押印の法的効力

押印は、印鑑によってその書類の作成者の意思を証明することができます。

そのため押印は、請求書や領収書など、日常的に用いられる書類に用いられます。

押印された書類は、その書類に記載された内容が、本人の意思に基づいて作成されたものとして、一定の法的効力を有します。

ただし、押印された書類は、捺印された書類よりも、その書類の作成者が本人であることを証明する力が弱いと言えます。

6・捺印と押印の使い分け

捺印と押印の使い分けは、その書類の重要性や、その書類に記載された内容によって判断します。

一般的には、以下の基準で使い分けられます。

●重要書類:捺印

日常的に用いられる書類:押印

具体的には、以下の書類は、捺印が一般的です。

契約書

委任状

遺言書

不動産売買契約書

住宅ローン契約書

以下の書類は、押印が一般的です。

請求書

領収書

納品書

注文書

申込書

ただし、捺印と押印の使い分けは、法律で定められているわけではありません。

そのため各企業や団体によって、独自のルールを定めている場合もあります。

7・捺印と押印の注意点

捺印と押印を行う際には、以下の点に注意が必要です。

●印鑑の認証

捺印は、署名と印鑑の組み合わせによって、その書類の作成者が本人であることを証明します。

そのため、印鑑は、本人の意思に基づいて作成されたものであることが重要です。

印鑑の認証とは印鑑登録をすることにより、その印鑑の所有者を証明するものです。

捺印を行う際には、印鑑が認証されていることを確認しましょう。

●印鑑の保管

印鑑は紛失や盗難に注意が必要です。

印鑑を紛失や盗難された場合、悪用される可能性があります、印鑑は大切に保管し、他人に知られないようにしましょう。

●印鑑の使用

印鑑は、他人に勝手に使用されないように注意が必要です。

印鑑は本人が責任を持って使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました