日本文化の雑学!女性の勘はなぜ当たる!?人間関係&仕事&恋愛の違いは?

スポンサーリンク

付き合っている女性がいたり、結婚したりしている男性は「女性の勘」についてどう思っているでしょうか。

妻は夫の隠し事を見抜けるなんてよく言われている通り、ちょっとした嘘もすぐにばれてしまった人もいるかもしれませんね。

実はこうした女性特有の鋭さは単なる偶然が引き起こしたものではないという事実が明らかにされているのです。

今回は、そんな「女性の勘」について詳しくご紹介していきたいと思います。

様々な要因が重なり、男性にはない視点から物事を見ている女性たちがどんなメカニズムでその能力を発揮しているのかを知ってみてくださいね。

スポンサーリンク

1・女性のほうが勘が優れている?

カップル

一般論として女性は男性よりも勘が鋭いと言われています。

付き合っている女性が浮気をしていても男性はなかなか決定的な証拠がないと気づくことはない層ですが、

女性は些細な変化や言動で男性の浮気や不倫を見破ってしまうこともあるほどです。

男性にとってはどんなに平然とした態度をとっていても、ある日突然「浮気してる?」なんて聞かれるとその超能力的な能力に驚いてしまいますよね。

では、どうして男女で比較すると女性の勘のほうが優れているのか。

 

研究の結果、それは男性と女性が嘘をつく際の行動の違いが関係していると考えられています。

 

例を挙げると、男性の場合、嘘をつく時に罪悪感や焦りによって相手から目をそらしてしまうそうですが、

女性の場合、それとは反対に相手の目を見てしっかりと話すことが多いそうです。

それは罪悪感といった精神的なプレッシャーがないということではなく、嘘がバレないか心配なあまり、

相手の様子を観察してしまうことでつい目線がそらせなくなっているのだそう。

しかし相手からすればしっかりと目を見て話しているということで嘘であるということがわかりにくいですよね。

こうした違いから通常、男性よりも女性のほうが嘘をつく技術が上手いとされているのです。

2・女性は男性の4倍鋭い?

女性が男性の浮気を見破る理由として、女性の方が男性よりも観察眼が優れているからだとされていますが、

実はある研究では男性の4倍もの観察力があると考えられていることもあります。

科学的な話になってしまいますが、女性の脳は右脳と左脳をつなぐ「脳梁」が太いという特徴があり、

自分の目や耳から得た情報を右脳と左脳の両方で同時に処理できると考えられています。

左脳は物事の関連を考える「推理力」、話のつじつまがきちんとしているかを考える「論理力」、

時間や数値を考える「計算力」を主に保有しています。

逆に、右脳は物の色や姿を「見分け」る力、情報を頭の中に留めておく「記憶力」、

瞬時にある物事同士をつなぎ合わせる「直観力」に長けていると言われています。

こうした両方の能力を駆使しているため、女性は観察力が男性よりも優れているのかもしれません。

3・右脳と左脳の違い?

もう少し詳しいことを述べていきますので、一つ一つ整理しながら読んでみてください。

まず、既述したように女性の脳というのは男性よりも「脳梁(のうりょう)」が発達しているため、

右脳と左脳が情報伝達をしやすい状態になっています。

左右の能力を同時に働かせることができるために、様々な物事を瞬時に整理・処理して結果を導き出すことができるのです。

しかし、男性の場合は外界を観察をするとき、主に左脳を使うことが多いとされています。

すると、女性のように他人の言動やその場の状況などを結び付けることが難しく、

総合的な判断をすぐにしづらい傾向にあるため、女性に比べると嘘を見破るのが苦手だと言われるのです。

まとめ

女性にとって「女の勘」というのは相手との関係を良好に保つための武器のようなものです。

自分を守ることにも役立てることができるため、日頃から観察を意識しながら生活すると物事をより客観的に捉えられるようになり、

合理的な判断をすることができるかもしれません。

しかし、1つだけ注意して欲しいのは、誰かに対して嫉妬しているとき、脳の働きはフル回転するとともに暴走しやすくなってしまうということです。

例え相手に浮気の疑いがあるとしても、確かな証拠や決定的な事実がない時点ではあまり疑いすぎず、決めつけないように意識しておきましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました