日本文化の雑学!ウィンクの歴史や記念日は女子中学生のおまじないとは?

スポンサーリンク

いつ決められたかは不明ですが、皆さんは「ウィンクの日」というものがあることをご存じでしょうか。

毎年10月11日になるとTwitterなどのSNS上でウィンクをした写真がたくさん投稿されるくらいに、

世の中の若者には浸透している記念日らしいのですが、あまりよく知らないという人ももちろんいますよね。

そこで、今回はウィンクの歴史や記念日が作られた理由をご紹介していこうと思います。

また、女子中学生のおまじない?ともありますし、
どうして10月11日がウィンクの日なのかを知ると、

言葉では伝えられなかった思いを上手く伝えられるようになれるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ウィンクの歴史は?

ウインク

日本人にとってウィンクをするというのは相手に好意を伝えたり、格好つけたりするという印象が強く、

どっちかというと軽薄なイメージを持つ人が多いでしょう。

しかし、「A nod is as good as a wink(うなずきはウィンクと同じ)」という英語のことわざがあるように、欧米では同意の気持ちやちょっとした合図の意味で用いられることがあります。

もちろん行為を伝えるという意味もあるため、旅行の体験談としてよくある男性からのウィンクはそういった気持ちも含まれていますが、

ほんの少しでも好意があれば挨拶代わりにすることもありますし、男性同士で相槌のように行うこともあるようです。

国によってもウィンクの意味合いは異なりますが、攻撃性はありませんので安心してください。

言ってみれば自分が相手の味方であることを表すジャスチャーのようなものなので、もし旅行中に知らない人からウィンクされても怯える必要はないでしょう。

日本人は控えめな性格と言われているように最初はウィンクをすることが恥ずかしいと感じてしまう人もいるかと思いますが、

相槌の代わりだと考えると気楽にできてしまいますよね。

日本人相手で行うのが気まずいということであれば、身近にいる外国人に試してみると好意的に受け取ってもらえるでしょう。

10月11日はウィンクの日!

記述した通り、ウィンクの日やオクトーバーウィンクと呼ばれるのは10月11日です。

どうしてこの日かというと、10と11を両方時計回りに横に倒すとウィンクをしているように見えるかららしいのですが、

実は日本記念日協会に登録されているわけではないので、誰がいつ制定したのかわかっていません。

しかし、女子中学生の間で10月11日に起きてすぐ好きな人の名前の文字数だけウィンクをすると、

好きな人と両想いになれるというおまじないがあり、これが流行したことからウィンクの日が若者に浸透しました。

好きな人への思いをこめてウィンクを練習するというのは可愛らしい話ですよね。

本当に効果があるのかは別として、気になる人がいる女の子は試してみるとその日一日ドキドキしながら過ごすことができます。

思い浮かべた相手に思いが届いたかどうか聞いてみるのもいいかもしれません。

もし相手がウィンクの日だと知っていればいい雰囲気になれるはず。

意味が分かっていない様子であれば別の方法でアプローチしてみてください。

ウィンクができる人とできない人の違いは?

ここまでウィンクの日について詳しく書いてきましたが、当然全ての人がウィンクをできるわけではありません。

ウィンクというのは目の周りの筋肉がどれだけ発達しているかが関係していると言われており、

そもそも人間としてのルーツによってできるかできないかが分かれるともされています。

最近の研究でわかったことですが、日本人のほとんどは縄文人と弥生人という2種類をルーツに持っており、

弥生人の遺伝子のほうが多いタイプはウィンクが苦手な傾向があるそうです。

さらに、人間の体の構造上、まぶたというのは左右の脳から同時に電気信号が出ている関係で、

片方だけ閉じようとするともう片方も自然と閉じてしまいます。

ただ、筋肉を鍛えれば誰でもウィンクをできる可能性はありますので、ウィンクをしたい人は目の周りの筋肉を鍛えるとできるようになるでしょう。

まとめ

今回はウィンクについて色々とご紹介しましたが、ウィンクは挨拶のように軽く行えるものである一方、

言葉ではなかなか伝えられないこともわかりやすく伝えてくれる便利なものです。

女性も男性も性別関係なく、そうした仕草が軽くできると格好良く見えますよね。

ウィンクを上手くできないという人でも練習すれば綺麗にできるようになりますので、ぜひ試してみてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました