本ページはプロモーションが含まれています。

「いただきます」「ごちそうさま」本当の意味や語源に由来と歴史は?日本のしきたり1

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク
スポンサー

1・はじめに

「いただきます」「ごちそうさま」は、日本人が食事の際に必ずと言っていいほど口にする言葉です。

しかし、その本当の意味や由来を理解している人は、意外と少ないのではないでしょうか。

「いただきます」「ごちそうさま」

2・「いただきます」の本当の意味

「いただきます」は、食事の際に「いただきます」と声をかけて、食材の命をいただいて食べるという意味の言葉です。

●食材の命への感謝

食材は、自然の恵みによって育まれたものです。

そのため、「いただきます」は、食材の命をいただいて食べるという意味で、自然の恵みへの感謝の気持ちを表す言葉です。

●自然の恵みへの感謝

食材は、自然の恵みによって育まれただけでなく、農家や漁師などの人々の努力によって、私たちの食卓に届けられています。

そのため、「いただきます」は、自然の恵みへの感謝の気持ちだけでなく、食材を育ててくれた人々への感謝の気持ちも表す言葉です。

●料理を作ってくれた人への感謝

食事は料理を作ってくれた人によって、私たちの食卓に並びます。

そのため、「いただきます」は、料理を作ってくれた人への感謝の気持ちも表す言葉です。

3・「いただきます」の語源・由来

「いただきます」を漢字で書くと「頂戴します」となります。

「頂戴」は、「頂戴する」の謙譲語で、「頂戴する」は、
「もらう」という意味の言葉です。

そのため、「いただきます」は、「いただく」の謙譲語として、食事の際に「もらう」という意味で使われるようになったと考えられています。

4・「ごちそうさま」の本当の意味

「ごちそうさま」は、食事の際に「ごちそうさま」と声をかけて、食事の準備をしてくれた人や、食材の命をいただいて食べる人への感謝の気持ちを表す言葉です。

●食事の準備をしてくれた人への感謝

食事は、料理を作るだけでなく、食卓を用意したり片付けをしたりといった、さまざまな準備が必要です。

そのため、「ごちそうさま」は、食事の準備をしてくれた人への感謝の気持ちを表す言葉です。

●食材の命への感謝

「いただきます」と同じように、「ごちそうさま」にも、食材の命への感謝の気持ちが含まれています。

●自然の恵みへの感謝

「いただきます」と同じように、「ごちそうさま」にも、自然の恵みへの感謝の気持ちが含まれています。

5・「ごちそうさま」の語源・由来

「ごちそうさま」を漢字で書くと「御馳走様」となります。

「馳走」は、「走り回る」という意味の言葉です。

そのため、「ごちそうさま」は、食事のために走り回って準備してくれた人への感謝の気持ちを表す言葉として使われるようになったと考えられています。

6・「いただきます」「ごちそうさま」の歴史は

「いただきます」「ごちそうさま」の歴史は100年ほどと比較的浅いと考えられています。

「いただきます」は、江戸時代に「いただく」が「飲む・食べる」の謙譲語として使われるようになったことから、その頃から使われるようになったとする説があります。

また、大正〜昭和にかけて、食生活の変化や教育の普及などから広まったとする説もあります。

「いただきます」には、食材の命や、それを育て、調理してくれた人々への感謝の気持ちが込められ、仏教の教えに基づく「命の尊さ」を認識するという意味合いもあると考えられています。

「ごちそうさま」は、江戸時代から使われていた言葉ですが、現在のような意味で使われるようになったのは、明治時代以降と考えられています。

日本では、食事を始める前に「いただきます」、食事を終えた後に「ごちそうさま」と言うのが一般的で、

これは日本独特の食文化であり、食事に対する感謝の気持ちや、命の尊さを認識するという意味合いがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました