本ページはプロモーションが含まれています。

還暦に「赤いちゃんちゃんこ」を着る理由や由来に歴史は? 日本のしきたり!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク
スポンサー

1・はじめに

還暦は60歳を迎える節目の年です。

(本来は数え年での祝いだが、現在は満年齢で祝う場合も多いです。)

日本では、この節目に赤いちゃんちゃんこを着て祝う習慣があります。

還暦とはどのような節目なのか、赤いちゃんちゃんことはどのような衣装なのかを調べて見ました。

還暦は60歳を迎える節目の年です。

2・還暦とは?

還暦は60歳を迎えた年を意味します。

中国の思想である六十甲子に基づく暦法では、60歳を迎えると生まれた年の干支が巡ってきます。

60歳を迎えた人は、新たな人生の始まりを迎えるという意味合いがあります。

3・赤いちゃんちゃんことは?

赤いちゃんちゃんこは、還暦を迎えた人を祝うために贈られる衣装です。

赤いちゃんちゃんこを着ることで、長寿や健康を願うという意味があります。

4・還暦に赤いちゃんちゃんこを着る理由や由来

赤いちゃんちゃんこを着る理由は、主に以下の2つです。

●赤い色の持つ意味

赤い色には、魔除けや厄除けの意味があります。

そのため、赤いちゃんちゃんこを着ることで、還暦を迎えた人を災いから守りたいという願いが込められています。

●赤子に還るという意味

還暦は、人生の新しい始まりという意味合いがあります。

そのため、赤ちゃんのように無垢で元気な姿をイメージして、赤いちゃんちゃんこを着る習慣が生まれました。

赤いちゃんちゃんこには、厄払いの意味もあります。

61歳は、男女ともに本厄の年にあたります。

そのため、赤いちゃんちゃんこを着ることで、厄を払い新たな人生を健やかに送りたいという願いが込められています。

5・還暦の赤いちゃんちゃんこの歴史

赤いちゃんちゃんこを着る習慣は、江戸時代に始まったと言われています。

当時は赤いちゃんちゃんこを着て、神社やお寺にお参りするのが一般的でした。

明治時代:

明治時代になると、赤いちゃんちゃんこは、還暦を迎えた人へのプレゼントとして定着していきます。

赤いちゃんちゃんこを着て、家族や親せきと集まって祝う習慣も生まれました。

昭和時代:

昭和時代になると赤いちゃんちゃんこは、還暦を迎えた人やその家族だけでなく、一般の人にも広く知られるようになりました。

赤いちゃんちゃんこは、色やデザインのバリエーションが豊かになり、より華やかなものになりました。

平成時代:

平成時代になると赤いちゃんちゃんこは、還暦祝いの定番の衣装として、さらに定着していきます。

また、赤いちゃんちゃんこを着て、記念写真を撮る習慣も生まれました。

6・還暦の赤いちゃんちゃんこを着る際の注意点

赤いちゃんちゃんこを着る際は、以下の点に注意が必要です。

サイズ選び:

赤いちゃんちゃんこは、大きすぎるとだらしなく見えますし、小さすぎると締まりません。

そのため、自分の体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。

着方:

赤いちゃんちゃんこは、羽織のように着るのが一般的です。

また、赤いちゃんちゃんこには、頭巾が付いているものが多いです、頭巾は赤いちゃんちゃんこと一緒に着用するのがおすすめです。

還暦を迎えた方は、赤いちゃんちゃんこを着て、新しい人生のスタートを切ってみてはいかがですか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました