本ページはプロモーションが含まれています。

噂をされるとくしゃみが出る?と言う由来や1回、2回、3回はどういう意味なの!日本のしきたり・ことば!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク
スポンサー

1・はじめに

「噂をされるとくしゃみが出る」という噂を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この噂は昔から日本や中国など、世界各地で語り継がれているものです。

噂をされるとくしゃみが出るという噂を信じるべきかどうかについても、考えていきましょう。

2・噂をされるとくしゃみが出る?という噂の由来

この噂の由来は、諸説あります。

●一つは、昔、風邪や花粉症などのアレルギーでくしゃみが出る人が多く、その症状を「噂をされるとくしゃみが出る」という噂に結び付けたというもの。

●もう一つの説は、くしゃみは、気管支や鼻腔に溜まった異物を外に出そうとする反応であるため、噂をされると、その噂を気にして緊張し、くしゃみが出るというもの。

3・噂をされるとくしゃみが出る?という噂の意味

この噂には、いくつかの意味があるとされています。

噂をされると、その噂を気にして緊張し、くしゃみが出る。

噂をされると、その噂が自分にとって良いことなのか悪いことなのか、不安や焦りを感じ、くしゃみが出る。

噂をされると、その噂が自分に対する好意や悪意を表していると感じ、くしゃみが出る。

4・噂をされるとくしゃみが出る?という噂の科学的な根拠

この噂の科学的な根拠については、明確に分かっていません。

しかし、一部の研究では噂をされると、脳の扁桃体という部分が活性化され、緊張や不安を感じやすくなるという結果が報告されています。

そのため、噂をされるとくしゃみが出るという現象は、脳の心理的な反応によって引き起こされる可能性もあると考えられています。

5・噂をされるとくしゃみが出る?という噂の真相

噂をされるとくしゃみが出るという噂には、さまざまな説や意味があります。

しかし、噂をされると必ず、くしゃみが出るというわけではないため、真相は偶然の一致である可能性も十分にあります。

6・噂をされるとくしゃみが出る?という噂を信じるべき?

噂をされるとくしゃみが出るという噂を信じるかどうかは、個人の自由です。

しかし、この噂を信じると以下のようなメリットやデメリットがあると考えられます。

メリット

噂を気にし過ぎず、自然体で過ごせる。

噂をされた際に、くしゃみが出ることで、その噂が自分にとって良いことなのか悪いことなのかを判断しやすくなる。

デメリット

噂を信じすぎて、必要以上に不安や焦りを感じてしまう。

噂を信じすぎて、人間関係に悪影響を及ぼしてしまう。

7・噂をされるとくしゃみが1回、2回、3回はどういう意味

くしゃみの回数によって、噂の内容が違うとされています。

1回:褒められている

2回:悪口を言われている

3回:惚れられている

4回:風邪をひいている

1回くしゃみが出たら、誰かがあなたのことを褒めているという良い噂かもしれません。

2回くしゃみが出たら、誰かがあなたの悪口を言っているという悪い噂かもしれません。

3回くしゃみが出たら、誰かがあなたのことを惚れているという嬉しい噂かもしれません。

4回くしゃみが出たら、風邪を引いているという健康上の心配かもしれません。

この迷信の由来は、くしゃみは何か悪いものによって引き起こされるという考えから来ていると考えられています。

昔の人は、くしゃみは悪魔や妖怪の仕業と考えていたため、誰かが悪口を言ったり、惚れてしまったり、

風邪を引いたりしたために、くしゃみが出るのだと考えるようになったそうです。

もちろん、この迷信は科学的根拠に基づいたものではなく、あくまでも遊び心のある言い伝えです。

しかし、くしゃみをしたときに、この迷信を思い出して、ちょっとした楽しみを感じるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました