女子就活心得!文系の就職でIT業界のSE職の間違った先入観とは?

スポンサーリンク

文系の学生にとってIT企業というのは理系の就職先というイメージがあるのではないでしょうか。

そのため、興味があったとしてもIT業界並びにSE職は最初から検討することなく候補から外したり、応募を諦める人も少なくないと思います。

しかし、社会人の中には「適性があると思っていなかったけれど応募してみたら内定がもらえた」

「文系でも必要としてくれる企業があった」という意見があるため、必ずしも文系の就活生が諦める必要はありません。

実際、近年ではIT業界の中で文系社員のニーズが高まっており、就活サイトでも文系に向けた特集が組まれるほど注目されているのです。

今回はそんな文系就職に向けたIT業界の情報についてご紹介しますので、ぜひ文系だけどIT業界に進みたいという人や興味がある人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

IT業界のSE職の間違った先入観!

IT社員
一般的にIT業界のSE(システムエンジニア)職というと、多くの学生は理系の人が就職するもので、

パソコンが苦手な人には絶対に無理という印象がありますよね。

文系学生にとっては職場環境がブラックで福利厚生には期待できないと想像することもあるかもしれません。

ですがそういった想像はいわば先入観や偏見と呼ばれるもので、実際は想像と異なるケースが多いのです。

ここからはそういった間違った先入観について丁寧に解きほぐしていこうと思います。

まず、多くの人はSEなどの専門職というとパソコンの前でずっと座って難しそうなプログラムを打ち込んでいる人を想像しますが、

実は一口にSEといっても様々な役割があり、文系出身社員のほうが円滑に行うことのできる仕事も存在するのです。

そもそもSEとはコンピュータシステムの企画をはじめ、設計や構築などにかかわる仕事になります。

最初にクライアントとなる企業と話し合ってどのようなシステムが必要なのか、

どういったことを行いたいのかといった情報を聞き出し、その調査情報に沿ったシステムを企画する際には開発までに必要な人材や期間、そして費用などを検討するのです。

 

さらにこの工程がまとまったらどのような機能を持たせるのかといった具体的なシステム内容を考えていきます。

こうしてどんどんシステムが構築されていきますが、詳しく知るとわかるように、パソコンの前に座ってるだけで済む仕事ではないことがわかるでしょう。

クライアントと密に連携を取り合い、システムに求めていることを聞き出すコミュニケーション能力

、多くの工程を管理する責任能力など、理系よりも文系出身者のほうが向いている仕事も存在します。

企業側からしたら周囲とコミュニケーションを取り、うまいこと物事を進めてくれる人材としてあえて文系の就活生を採用したいと考えているところも少なくありません。

IT業界に向いている人

近年は文系の就活生がIT業界で求められているという傾向がありますが、文系出身であればいいということではありません。

確かにIT企業では人手が足りない状況が続いていますが、社会全体のオンライン化によってシステム開発の必要性が高まり、

グローバル化の影響も受けて誰でもいいから大量に採用したいという企業はあります。

しかしITに関しての専門知識を持っていない文系出身者だからといって、

仕事をする上でシステムやプログラムに関する知識が無くてもできるかと言うと、あって損はないと言わざるを得ないのです。

そのため、例えITを専門としていなくても、現在多くの企業で新入社員への研修に力を入れています。

長いところでは半年から1年、短くても数か月はみっちりと基礎知識を叩き込まれることになるでしょう。

 

そうした教育コストをかけるからには企業側としても軽い気持ちで入社してきてすぐに新入社員にやめられてしまっては意味がありません。

そのため、企業側は文系だとしても応募者の適性や責任感を見極め、この会社で頑張りたいという熱意のある人を採用しています。

その他にも「論理的に物事を考えられる」「ITに興味がある」「学習意欲が高い」

「継続してなにかに取り組める」といった条件も自分がその業界でやっていけるか大切なポイントになりますので、ぜひ日頃の自身の性格を振り返ってみてください。

まとめ

IT業界で働くには理系文系というよりも、自ら積極的に行動できるかといった性格面が大きく関わってきます。

もし文系だからという理由で憧れの業界への応募を諦めているのであれば、自己分析をしつつチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

また、自分とは関係ないと思っていると視野が狭まってしまって折角のチャンスを逃す可能性もあります。

ぜひ最初から除外するのではなく、企業の会社説明会などに参加し、詳しい業務内容や研修制度、文系出身者がいるかどうかといった細かいことまで調べてみてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました