女子就活心得!ヘアスタイルで好印象をつかむポイントは!

スポンサーリンク

就活の際に第一印象というのはとても重要です。

面接の際に短い時間で自身をアピールしなければならないため、話のないように関わらず、

できるだけ外見で不快感を与えることは避けたいですよね。

しかし、女性は男性と違って化粧もしなければならないし、スーツのデザインも種類があり、

外見をどう整えるかは悩みどころになります。

就活で大切なのは、おしゃれかどうかではなく、社会人としての常識があるかどうかを判断するための常識的な姿です。

他の就活生よりも個性を出そうとして普段通りの髪型で面接に参加したり、

髪色を派手にしたりするのはNG行為だとわかっていると思いますが、

かといって細かい部分でどう好印象を持ってもらうか具体的にわかっている人は少ないでしょう。

そういうわけで、今回は就活において好印象を与える女性のヘアスタイルについてご紹介します。

ショートでもミディアムでもロングでも構いませんが、どんな長さの髪型でも共通のチェックポイントがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

おでこと耳を見せる!

面接女性
好印象を与えるヘアスタイルを考える時にまず重要な視点となるのが、どういった雰囲気が人事担当者に好感を持ってもらえるかになります。

一般的には学生らしい清潔感と適度に社交的なスタイルが望ましく、就活の際には好印象を持ってもらえます。

そのためには、おでこと耳を見せることが基本的な方法です。

例えば眉毛に前髪がかかっておでこが見えずにいると、それだけで暗い印象になってしまいます。

おでこを見せることで顔がスッキリとして見え、前向きで元気な印象を与えることができるのです。

喋った時に表情が豊かに見えるというのも利点の一つですね。

おでこを出すには、前髪を切り揃えたり、横に流す、センターで分けたりする、

といった方法がありますが、長い前髪をわざわざ短く切り揃える必要はありません。

しかし、せっかくおでこを出しても、眉毛がボサボサだったり薄すぎたりすると不快感を与えてしまいますので、注意してください。

 

女性は化粧もする関係で眉毛を気にしている方もいるとは思いますが、

普段あまりお手入れしていないという人は長さを揃えたり、形を整えたりするだけでも清潔感を演出することができます。

わからない場合は化粧品を買いに行くついでに店員さんに就活用のメイクについて聞いたり、

既に働いている女性に就活時はどうだったのかを調査したりすると安心です。

 

さらに、耳を出すことも大切です。

耳を出すことで顔全体がよく見え、すっきりとした印象を与えることができます。

女性はショート、ミディアム、ロングといったヘアスタイルのバリエーションが豊富ですが、

どれにしても顔の輪郭が綺麗に見えることが重要です。

中には顔が大きく見えるため、耳を出さないという人もいますが、就活では面接の短時間で好印象を持ってもらわなくてはなりません。

人事担当者はその人が美人かそうでないかを判断するのではなく、いかに社会人として責任感を持てる人物かを見ています。

おでこや耳を出して顔がしっかり見えることは、そういった責任感をアピールする上でも大切なポイントなので、参考にすると良いでしょう。

 

正面から見た印象というのはその後も影響するポイントなので、人が見たときに不快に思われないヘアスタイルを心がけることが求められるのです。

どうしてもオシャレしたいという人は、入社後にその企業の雰囲気を掴んでから徐々に個性を出していくと誰に咎められることもなく、

自分らしさを表現することができます。

そのため、就職活動中は清潔感を大事にし、楽しみはその後に取っておくとうまくいくかもしれません。

ヘアピンやゴムをできるだけ見えないようにする!

髪の毛をまとめる際にヘアピンやゴムが目立つと子供っぽくみられてしまうほか、

だらしないという印象を持たれてしまう可能性もあります。

前髪が長い場合は、ヘアスプレーなどで前髪を固めておでこをだす、

というやり方が最も簡単かと思いますが、ヘアスプレーだけだと次第にパラパラと前髪が落ちてきてしまうこともありますよね。

それでは気が散ってしまい、元も子もありませんので、不安な人はヘアアクセを使い、

前髪が落ちてこないように固定しておきましょう。

さらにヘアスタイルは、家できちんとスプレーなどで整えても、試験会場に到着するまでに崩れてしまうことがあります。

学校に通う際も、せっかく前髪をセットしてきたのにバスから降りた瞬間に風のせいで前髪がぼさぼさになってしまったという経験はないでしょうか。

急な突風や湿気の多い雨の日などに想定外に髪形が乱されることもあり得るため、ヘアピンやゴムを使うな、ということではありません。

もちろん非常時に慌てることのないように、予備のものを持っておくことも大切です。

そのため、ヘアピンやゴムは使ってもいいのですが、できるだけ黒や地毛に近い色を選び、

目立たないことが大切になってきます。

 

変わった色のヘアゴムを使うと、1人だけ浮いてしまい、人事担当者に目をつけられてしまうことも予想されるため、気を付けておきましょう。

業界や企業にもよりますが、そういった細かい部分まで気にすることで気遣いのできる社会人を演出できるほか、清潔感も保てます。

 

ただ、近年は服装やヘアスタイルにこだわらない業界や企業も増えてきていることもあり、

一概に周囲と揃えることが良いとは言えなくなってきていますし、

スーツでなくてもいいというケースも増加してきていることは確かです。

それでも特に指示がなく、会社も自由な雰囲気を売りにしているところでもない限りは、

一般的なリクルートスーツと清潔感のあるヘアスタイルで臨むことが求められています。

髪色は黒にする!

面接官というのは若手ではなく、それこそ経験の積んだ方が厳しく新卒の社会人を見定める場所です。

そのため、いくら企業の中でグローバル化が進んだからと言って髪色は何でもいいというわけにはいきません。

 

やはり就活の際には黒色が基本となっており、フレッシュな印象とほどよい清潔感、そして真面目な性格を表してくれるでしょう。

 

企業によっては茶髪程度であれば良いという会社もありますが、あくまで少数派なので、

何社も面接を受ける場合にはいちいち染め直さなければならない負担もあるため、黒髪のほうが便利ではあります。

 

就活の際に茶髪や奇抜なヘアスタイルで落とされる事例はあっても、黒い髪色で清潔感があれば、

ヘアスタイルのみで落とされることはありませんので、心配事を減らすという意味でもできることはやっておいた方が良いですよね。

 

選考に落ちたときに、話す内容は上手くいったのにヘアスタイルがダメだったのかと後で後悔するくらいなら、さっぱりとした黒い髪で面接に挑みましょう。

ただ、自毛が茶髪よりであったり、ハーフのために金髪だったりする人も当然いると思います。

そういった方たちはわざわざ黒に染める必要はありません。

それでも不安な場合は事前に企業に対し、髪の色について話しておくとわかってくれる方がほとんどです。

両親が日本人であっても、生まれつき髪色が茶色の人もいますよね。

高校や中学で指摘された人もいるのではないでしょうか。

自毛である髪色を黒く染めるように強要される問題は日本でも話題になっていましたが、

それは人権侵害にも関わってくるデリケートな問題でもあります。

社会にでると学校以上に理不尽と戦っていかなくてはいけない時もありますが、

そういう時には丁寧に、謙虚な姿勢を見せることが一番面倒事の少ない手段です。

人の目線が気になるという人は黒に染めてしまったほうが楽かもしれませんね。

お辞儀をしたときに崩れないようにする!

髪の毛をセットする時に気にしなくてはならないのが、お辞儀をしたときに崩れないようにすることです。

耳を出す、という点の重要性にもつながりますが、長い髪をまとめずに垂らしている場合、

耳にかけただけではお辞儀をした際に顔に髪の毛がかかってしまい、

顔をあげた時には貞子のような状態になってしまう人は面接ではあまりして欲しくないポイントになります。

特に挨拶をする時には爽やかさと明るさが大切なのにもかかわらず、

その都度髪の髪の毛を手で直すのは、見苦しい印象を与えてしまうでしょう。

 

ロングやショートなどもそうですが、横に垂らして置く場合は耳を出しておくほか、

スプレーで固めておくことも対策の一つです。

髪のツヤを保つことも好感を持ってもらいやすいので、就活で忙しく、疲れる日々かもしれませんが、

お風呂に入って洗うといった、通常通りの清潔感は維持しておくことをおすすめします。

まとめ

ヘアスタイルは人の印象を大きく左右する大切な要素です。

特におでこや耳と言うのは面接官も目を光らせている部分ですので、しっかりとセットしておきましょう。

さらに、お辞儀をした時に崩れないようにセットしておくことも大切になってきます。

女性は男性と比べると気にしなくてはならない点が多いですが、これも楽しみの一つと捉え、

細かい部分までケアするようになると、社会人になっても取引先の相手に好感を持ってもらいやすくなるのです。

今回の記事ではヘアスタイルのみをご紹介しましたが、ぜひリクルートスーツと併せて外見にも気を遣ってみてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました