女性の一人暮らしの雑学!一人暮らしで肌荒れの原因となるNG5選は?

スポンサーリンク

一人暮らしを始めてから肌荒れに悩まれている女性も多いのではないでしょうか。

自分で自分の管理をしているとつい衝動的に甘いものを食べたり、寝不足になったりと生活習慣がおろそかになりがちです。

また、自分では肌のケアを十分行っているつもりでもなぜかニキビができてしまう、という方は対処法もわからないため困っているでしょう。

そんな方のために、一人暮らしで肌荒れの原因となるNGを5つ紹介します。

もし普段の行動で当てはまるものがあれば、自分に合った方法で改善してみてください。

スポンサーリンク

食生活の乱れ?

肌荒れの原因として、まずは乱れた食生活が挙げられます。

野菜や果物を食べていなかったり、逆に脂っぽいものを食べすぎていたりする人、さらには食事代わりにお菓子を食べている人も注意が必要です。

皮膚というのは、自分の健康状態が顕著に表れる場所でもあります。

そのため、正しい食生活を送っていないとすぐにニキビや乾燥で化粧ノリの悪い肌になってしまうのです。

肌の乾燥は主に皮脂膜の不足が原因。皮脂の分泌を促してくれるコラーゲン、ビタミンAなどを含んだ食材を食べるようにすると良いでしょう。

反対に、ニキビは過剰に分泌される皮脂が主な原因で現れます。

大豆イソフラボンやビタミンEといった女性ホルモンを活性化するものを取るように心がけ、ホルモンバランスを整えてあげると肌の保湿力が向上するのです。

一人暮らしでは揚げ物やスナック菓子、加工食品といった油分の多い物を食べがちですが、

これらは皮脂を余分に分泌させたり、肌の老化を進めたりと悪影響を及ぼしてしまいます。

 

加えて、甘い物や塩分の多いものばかりを摂りすぎても身体には害となるでしょう。

アルコールも飲みすぎると胃腸に負担をかけ、肌荒れの原因となってしまうため、バランスを考えて食事することをおすすめします。

お風呂はシャワーですませる?

お風呂に入る際、バスタブの中にお湯を溜めることが面倒に感じる人も多いでしょう。

一人暮らしでは間取りによってバストイレが別になっていない部屋もあり、シャワーだけで済ませるとお風呂場が水浸しにならずに楽ですよね。

しかし、湯船につかることは温熱効果をもたらし、血の流れを良くしてくれる作用があります。

血流が良くなるということは、体内の老廃物が蓄積されるのを防ぎ、体のコリもほぐれて疲れがたまりにくくなることでもあるのです。

 

また、温まった体では内臓の動きも促進するので、自律神経をコントロールしてくれます。

化粧を落とす際にも、肌を内側から温めて毛穴を開き、その中の汚れを取り去るとその後の乳液や化粧水の馴染みが良くなる効果があります。

後で掃除するのが面倒くさい、お湯を張るのに時間がかかる、という方でも、

お風呂に入るだけで日々の肌の調子が違ってくるので、まずは1週間に3~4回を目標にしてお風呂に浸かってみましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フェイスマスク ルルルンプレシャス ホワイト WS3(32枚入)【ルルルン(LuLuLun)】[パック]
価格:1870円(税込、送料別) (2020/4/30時点)

楽天で購入

 

 

ストレスがうまく発散できない?

日々の生活ではストレスフリーに生きることはなかなか難しいもの。

一人暮らしでは家に帰っても誰も話を聞いてくれる人はいないため、ストレスが溜まりやすいです。

さらに、自由な時間がないほど忙しいとストレスを発散することもできませんよね。

ストレスは内臓のトラブルや乾燥、ホルモンバランスと深い関係があり、肌荒れを引き起こす大敵とも言えます。

自宅でできるストレッチや趣味の時間を大切にするとともに、ストレス発散法が思いつかないまたは時間が取れないという人は、

胃腸や肝臓に負担をかけない食事を目指して、日々のストレスを乗り切りましょう。

時には甘いもので気分をリフレッシュすることも良いかもしれません。

寝不足・寝る時間が遅くなる?

仕事やゲーム、飲み会などで不規則な生活を送っていると必然的に睡眠不足になりがちです。

好きなことに時間を費やすのは良いですが、睡眠は肌の新陳代謝が促進される大切な時間でもあるので、

あまりにも睡眠時間が少ないと肌荒れの原因になってしまいます。

日中日差しにさらされたり、皮脂を溜めこんだりしている肌を再生させるためには、

平均的に7~8時間寝ると良いとされており、それ以上少なくても多くても肌にとっては良くありません。

しかし、いくら十分な睡眠時間を確保できていても、寝苦しいといった質の悪い睡眠はストレスになってしまうため、自分が心地よいと感じる睡眠が重要なのです。

布団に入る直前には飲食をせず、テレビやスマホなどの機器を見ないようにして質のいい睡眠をとるようにしましょう。

冷暖房に頼りすぎ?

 

季節に関係なく近年は天候が変わりやすいのもあり、一日中エアコンで室温管理をしている人もいるのではないでしょうか。

冷暖房に頼りすぎた生活を送っていると、肌が乾燥して肌にトラブルが生じることも。

特に、女性は体を冷やしすぎると体調を崩しやすいので注意が必要です。

風邪をひかないように、熱中症にならないように、といった冷暖房の使い方は正しいですが、

一定の時間で換気をしたり、一枚上着を羽織ってみたりして、相応の工夫は必要でしょう。

冬場などで寝ている間中ずっと暖房をつけている、という人はタイマー機能を使って数時間後に自動で電源を切るか、

寝る前に念入りに保湿をしておくかといったケアが大切になります。

まとめ

一人暮らしでの肌荒れNG5選を紹介してきましたが、当てはまった項目が複数ある場合には注意が必要です。

もちろん、家事や仕事、学業、交際などを全て自分一人でしなくてはならないため、

どうしようもない部分もあるかと思いますが、肌のトラブルは日々のモチベーションにも影響してきます。

コンビニでご飯を買うにしても野菜が多く含まれているものを買ったり、睡眠の直前に飲食をするのはやめたり、自分にできることを探して肌荒れ対策をやってみてください。

今回の記事がその対策に役立てば幸いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました