女性の一人暮らしの雑学!一人暮らしに洗濯機は不要を検証して見た?

スポンサーリンク

これから一人暮らしを始める方、または買い替えようと思っている方は、洗濯機が必要だと決めつけてはいないでしょうか。

確かに毎日の洋服にタオルや枕カバーなど、清潔に保つためには当然洗濯をすることは必要です。

しかし、そもそも一人暮らしでは洗濯物の量が少なく、3日に1度使用する、ということも珍しくありません。

そこで、今回は一人暮らしに洗濯機は不要であるかどうかを検証していきます。寮生活でもなければ、

洗濯機を置くためのスペースも考えなければならないため、なにがなんでも洗濯機を買わなければならないと思い込んでいると、

結局部屋が圧迫されてしまったり、無駄な出費になってしまったりといったこともあるため、自分の生活を具体的に思い描いて考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

コインランドリーのメリットは?

コインランドリー

 

洗濯機を使わない場合は、洗濯代行サービスやコインランドリーを利用するという方法があります。

中でもコインランドリーのメリットとしては、手軽に乾燥までしてくれること。

お金を入れれば洗濯はもちろん、乾燥まで終わらせてくれるので、梅雨の時期や冬などの洗濯物が乾かない季節に利用する人も多くなっています。

自宅で洗濯をすると干す作業が意外と面倒に感じてしまい、部屋干しで洋服に臭いがついてしまうことも考えられますが、コインランドリーではそんな心配をする必要がなく、ボタンを押して終わりです。

 

また、コインランドリーに設置してある洗濯機は家庭にあるものと違って大型のものが多いため、洗濯物は週に2~3回で十分でしょう。

さらに、自宅と違って騒音を気にする必要がないため、夜間でも洗濯ができます。

朝や日中に洗濯機を回して、かつ干す作業をするのが時間的に厳しい時にも活躍してくれるのです。

毎日のように洗濯などの家事をして終わることもなく、少しのお金で自分の時間を楽しむことができる方法でしょう。

洗濯機を買う必要もないので部屋は広く使えますし、浮いたお金を別のところに費やすこともできます。

洗濯機とコインランドリー、どっちがお得調べ?

洗濯機とコインランドリーでは、それぞれ1回の洗濯にかかる費用が異なります。

一人暮らしに向けた洗濯機の相場は約35000円。

それに加えて水道代と電気代が合わせて1回約42円で利用すると考えると、週に3回利用すれば約126円になります。

更にハンガーや洗濯ばさみ、洗濯ネットが必要になってくるため、最初に揃えようとすると予想していたより金額がかかってしまったということもありがちです。

対してコインランドリーは約8キロの洗濯物に対し、乾燥まで行うと1回あたり約400円が一般的です。

 

1回の洗濯に42円と400円では大きな差があると感じるかもしれませんが、洗濯機は週に3、4回使用するのに対し、

コインランドリーは週に2、3回で済むうえ、初期費用が掛かりません。

労力も手間もいらないので、金額だけで判断するのは早計です。

それぞれに金額に見合った使用方法があるため、よく考えてから購入するかどうかを決めましょう。

2年以下の滞在ならコインランドリーの利用がお得とは?

 

洗濯機、コインランドリーにそれぞれのメリットはありますが、使用する期間によって向き不向きがあります。

コインランドリーは頻度を少なくすれば費用も抑えることができ、

干す必要がないので空いた時間で好きなことができますが、それを2年、3年と続けていくと洗濯機を買って家で洗濯をしたほうが安くすむのです。

しかし、逆に言えば2年以下での滞在であればコインランドリーのほうがお得になります。

 

なにより初期費用が掛かりませんし、1か月で10回程度利用したとしても1回の利用料がワンコインの場所も多いため、合計金額は5000円ほどです。

洗濯機の運搬費や水道代に比べても高額ではないでしょう。



まとめ

一人暮らしに洗濯機は不要かを検証しましたが、必ずしも洗濯機が必要というわけではないことがわかりました。

もしこれから洗濯機を買おうかどうか迷っている人は、家で洗濯をするのとコインランドリーを比較する際に、

手間、お金、時間を重視して想像すると、自分の生活に洗濯機が要るか要らないかが考えやすいと思います。

また、洗濯機とコインランドリーを使い分けして利用することも大切です。

今回は主にメリットを挙げましたが、コインランドリーは洗濯物を持っていくという労力が必要になります。

徒歩や自転車、車といった自分が利用できる手段で行ける範囲にコインランドリーがない場合は洗濯機を買ったほうが無難でしょう。

最近では家電を中古で買う人も多いので、リサイクルショップやフリマアプリをチェックするのも手段の一つです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました