女性の一人暮らしの雑学!一人暮らしは怖い?これらの不安解消は?

スポンサーリンク

人が近くにいなかったりする場合は毎日不安な気持ちで過ごすことも。

こんな気持ちを抱えな女性の一人暮らしには気を付けなければならないことがたくさんあります。

遠方に親が住んでいたり、頼るいためにも、今回は注意すべき点と不安解消するために何をしたらいいのかをお伝えします。

スポンサーリンク

空き巣・侵入者・不審者

女性が最も心配なのはやはり犯罪に巻き込まれる危険性ですよね。

社員寮や学生寮でなければ空き巣や侵入者、不審者には細心の注意を払わなければなりません。

こうした犯罪の多くは防犯対策の疎かな家が標的になります。

鍵をしめていないことはもちろんですが、ポストに郵便物が放置されていたり、来客をすぐに玄関にあげたりする人は危険です。

防犯のためには一人暮らしであることをアピールしないようにするほか、普段の生活で危険な行動を意識しておくことが大切になります。

相手の身分を確認するまで扉を開けない、少しコンビニに行くだけでも鍵を閉めるといった基本的な対策はとっておきましょう。

 

テレビ・セールス・詐欺

一人暮らしではセールスなどの訪問者にも自分で対応する必要があります。

中にはテレビの集金や詐欺を仕掛けてくる犯罪者もいるので、十分気を付けなければいけません。

気の弱い人はそうした相手に対してはっきりと断りづらいかもしれませんが、

相手は好意だけで接客しているのではなく、仕事だからと割り切っています。

断られたくらいで心が折れることはないので、嫌なものは嫌だとはっきり言葉にして伝えましょう。

もし断ってもしつこく勧誘してきたり絡んできたりする場合はマンション及びアパートの管理人さんや警察に連絡することも重要です。

 

ゴキブリ・ネズミ

 

虫や生き物に関しては、部屋の中にいると考えただけでも恐ろしくなるのでは。

しかし、すぐに呼び出せる友人や家族がいなければ自分で対処するしかありません。

ちなみにゴキブリは視力が弱く前進することしかできないという生態を持っています。

それでも飛ぶことのある虫というだけで恐怖ですよね。

 

ネズミについてもどうやって対処したらいいのかわからない人もいると思います。

退治するためには、まず虫取り網、殺虫剤、捕獲器の3種類があると便利です。

虫取り網で捕獲してしまえば素手で触れることなく対処できますし、捕獲機に掛かっていた場合は身動きをとることが出来ません。

どうしても拒否反応がある方は手袋を用意したり友人を頼ったり、という方法で対処しましょう。

 

地震や自然災害

 

自然の脅威はある日突然やってきます。

地震や浸水、火災や暴風などいくつも考えられますが、普段から対策をとっておくことで、

非常時に少しでも被害を軽くしたり、いつも通りの生活を送る助けになったりするのです。

 

対策としては、食器棚を高さの低いものにしておくといった家具に配慮するほか、いざという時のために防災セットを作っておくことも良いでしょう。

防災セットは自分で作らなくてもネットで売っていますし、水の入ったペットボトルを2、3本常備しておくだけでも安心します。

さらに、強い暴風雨のときにはできるだけ窓に近づかない、停電に備えて懐中電灯を持っておくなど、できることはたくさんあります。

災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板といった緊急時の外部との連絡手段も調べておくとその時になって慌てずに済むでしょう。

 

カビ・湿気

住む環境が変わると苦労するのがカビや湿気です。

少し場所が変わっただけで気温も違うのでその地域に住んでみるまでどのくらい配慮すればいいのかわかりづらいポイントだと思います。

加えて、一人暮らしでは室内干しをするという人も多いのではないでしょうか。

洗濯物を室内に干すと湿気が多くなり、カビの標的となります。

雨の時期はもちろんですが、そうでないときも窓を開けて風通しを良くするなど、湿った空気が留まらないよう工夫する必要があるでしょう。

玄関マットやカーペット、気になるところには防カビシートを下に敷くようにして、

濡れたタオルなどは日当たりのいい場所に干しておくことが大切です。

まとめ

一人暮らしでは慣れないことばかりで大変だと思います。

仕事や学業のほか、身の回りのことを全て自分でしなければならないため、少しでも楽に過ごすことができるよう工夫する必要があるのです。

いざという時に慌てないために、今からできることはしておく、考えておくといった行動が自分の助けになります。

今回の記事が少しでも不安解消の役に立てば幸いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました