女性の一人暮らしの雑学!光熱費節約する電気代のエアコンと冷蔵庫!

スポンサーリンク

一人暮らしをこれからする人も既にしている人も、やはり光熱費は一番の悩みどころですよね。

 

季節によってつい冷房器具や暖房器具に頼ってしまうこともあるかと思います。

このような場合に、一人暮らしで部屋が狭く、節約しているような考えになって安心していないでしょうか。

遊びや日々の生活でギリギリな生活費の中で電気代は大きな割合を占めます。

 

住んでいるマンションや土地によっても基本料金が変わるため、よく注意しておかなければいけないのです。

そういうわけで、今回は一人暮らしに役立つ光熱費の節約方法をご紹介します。

一人暮らしは自由に楽しく過ごしたいもの。

そのためにも節約できる部分は節約して余裕のある生活を送ることを目標として、工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク

エアコンの消費電力を抑える夏・冬

エアコン
夏や冬に大活躍するエアコンには気を遣っている人も多いのではないでしょうか。

 

そのため、スイッチの切り替えや使用しないという選択肢以外はどうしようもないと思っている人も多いはず。

しかし、そもそもエアコンのフィルターを定期的に掃除するのとしないのとでは、冷暖房の効きが違ってきます。

フィルターが汚れているとエアコンの運転効率が下がり、本来であれば必要のないほどに低い温度設定にしてしまったり、無駄な電気代がかかったりするのです。

 

環境省の調査では、2週間ごとにフィルター掃除をすることで冷房時は約4%、暖房時は約6%の消費電力の削減になるという数値が出ています。

 

また、掃除をせずに放置しているとカビやホコリが空気中に漂うほか、嫌な臭いがしてしまうなど、人体に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

冷暖房の効き目や健康のためにこまめな掃除を心がけることが大切です。

また、近年は省エネ性能の良い機種も発売されているため、古すぎるものを使用している場合には買い替えも1つの手段として検討するのも重要になってきます。

ちなみに、エアコンを使用する場合には部屋の窓ガラスに断熱シートを張ることでエアコンの温度設定を抑えることができるため、貼る作業が面倒でなければ試してみるのも良い工夫です。

冷蔵庫の消費電力を抑える節約方法

一人暮らしでは冷蔵庫は必要不可欠なものですが、電源を切るわけにもいかないため、節約方法がわからないという人も少なくないと思います。

まず、冷蔵庫の温度設定をご存じでしょうか。

買った時のままという場合は設定温度が「強」であったり、かなり低い温度になっていたりすることがほとんどです。

これを「中」や「弱」にするだけで、年間でかなりの節電になり電気代も抑えられます。

また、使い方にも工夫が必要です。

冷蔵庫は中に食材を入れすぎると冷気の流れが悪くなり、全体に行き渡らなくなってしまいます。

そのため、賞味期限が切れたものから捨てるようにして、常温保存できるものは外に出して保管するようにしましょう。

また、冷蔵庫を頻繁に開閉しないということも大事です。

 

食材を出すときはできるだけ一度にまとめて出すようにすると、余分な電力の消費を減らすことができます。

食材を入れるときには熱いものをそのまま入れると冷蔵庫内の温度が上昇してしまうので、できるだけ冷ましてから入れると良いでしょう。

ただ、節約のために工夫しすぎて食材が痛んでしまっては元も子もないので、夏や冬といった季節に合った使い方をするように心がけることが大切です。

むやみに冷蔵庫内の設定温度を弱くしてしまうことのないようにしてください。

24時間稼働している冷蔵庫は電気代もかかりますが、少しの工夫で節約することもできるのです。

その他

節約方法として、便座の保温温度を低くするということも効果的です。

特に夏場は温める必要がないので「弱」に設定するか切ってしまってもいいでしょう。

さらにトイレの水を流すときですが、今は大小の機能がついているものがほとんどです。

そのため、少ない水量で良いときは「小」、それ以外は「大」というように使い分けることで1日に何度も使用せざるを得ないトイレの節水が可能になります。

キッチン関連では電気ポットや炊飯器の保温を切っておくことも節電でしょう。

リビングにあるような家電製品のコンセントを抜いておくことは意識していても、キッチン家電の電源を切っておくことは忘れる人が多いです。

こうした一つ一つが積み重なって電力の無駄遣いとなってしまうので、使わない時は長期間家を空けるときなどは電源を切るかコンセントを抜いておくことをお勧めします。

さらに、照明を白熱電球ではなくLEDにすることも大切です。

一人暮らしの女性で白熱電球が安いからと言って買い替える時にも白熱電球を選んでいる人はいないでしょうか。

確かに白熱電球はLEDよりも安価で手が伸びてしまうと思います。

しかし、白熱電球は寿命が短い上に、消費電力はLEDライトの約2倍にもなるのです。

LEDのほうが長い目で見ればお得ですし、頻繁に交換もしなくていいので節約には良いでしょう。

まとめ

光熱費というのは一人暮らしの家計を悩ませる重要な要素。

24時間365日使用している家電もあるため、日々節電するかしないかで電力代が大きく違ってきます。

今回紹介した節電方法は誰でも試せるようなものばかりなので、まだやったことがない人は意識してみるといいでしょう。

自分では気づいていないことでも、意識してみると実は無駄に電力を使っていた、

設定温度を調節したことがなかった、ということもあるはずです。

光熱費を少しでも安くして趣味や自分の好きなことにお金を掛けられると幸せですよね。

この記事を参考にぜひ節約してみてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました