女性の一人暮らしの雑学!女性の引っ越し挨拶はあり・なし?

スポンサーリンク

引っ越しに欠かせないのは隣近所への挨拶です。

昔からある恒例の習慣ですが、始まったばかりの新生活で見知らぬ部屋に訪ねていくのは緊張してしまうもの。

 

挨拶に行くタイミングが悪いとせっかく訪ねたのに家人が不在だった、なんてこともよくあります。

 

他にも挨拶の時の贈り物や誰に声をかけるかなど考えることが多く、面倒に感じる人も多いことでしょう。

ですが、最初に引っ越しの挨拶をしておくと、その後のご近所トラブルに悩まされなくなったり、

 

気持ちよく世間話に入っていけたりコミュニケーションを円滑に進めることが出来るのです。

 

そういうわけで、今回は引っ越しの挨拶に関する情報をご紹介します。

 

「誰に」「何を」「どのタイミングで」挨拶すればいいのか、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

基本引っ越しの挨拶の意味は?

 

そもそもなぜ引っ越しに挨拶が必要と言われているのか。

挨拶の意味としてはこれからの生活で近所になることを伝えると同時に、どんな人が引っ越してきたのかを知らせる意味合いもあります。

 

例えば、家の隣でいきなり見知らぬ人が暮らしていたらびっくりしてしまいますよね。

そうならないために、誰かが引っ越してきたのだなということを知ってもらう必要があるのです。

 

また、挨拶はする側にとってのメリットもあります。

 

自分のことを知ってもらうと同時に近所の人がどんな人なのかを知る機会でもあり、挨拶をきっかけに親交を深めていくことも可能なのです。

 

大家さん(近くの場合)・管理人には挨拶をする

具体的に引っ越しの挨拶は誰に行えばいいのかという点については、まず大家さんや管理人さんといった住居の管理をしている方を訪れるのが基本です。

 

アパートやマンションではすぐ近所に居住されている場合も多く、何かあったときにすぐに声をかけられる間柄になるためにもコミュニケーションは欠かせません。

 

また、4階以上ある大きな集合住宅の場合は、自宅の両隣に加え、直上と直下にあたる部屋にそれぞれ挨拶にいくと丁寧で礼儀正しいな印象を与えることが出来ます。

さらに、訪問する時間も考慮すると二度手間といった面倒事が少なくなり、自分のストレスも軽減。

 

相手にも不快な思いをさせずにコミュニケーションをとれるのです。

引っ越し当日に挨拶に伺うことがほとんどですが、夕方を過ぎて遅い時間になるまで時間を作れない場合は先方の食事や入浴を邪魔してしまうことになります。

その時には翌日の朝10時以降に伺いましょう。

 

予算はどれくらいが相場?

必ず必要というわけではないですが、挨拶に行くからには手土産も持参するのが常識です。

高価なものを持っていけばいいというわけではないので、手土産を渡して即刻立ち去るのは失礼にあたります。

 

どんなに緊張していても品物は気持ちを添えて渡すと良いです。

では具体的にどれくらいが予算として最適なのかというと、だいたい500~1000円程度が相場になります。

 

また、タオル、洗剤、お菓子などの後に残らないものを贈る人が多いです。

なぜかというと、マグカップや食器の類は人によって好みが異なり、置物やインテリア小物も置き場所に困る上に捨てづらいという側面があるからです。

 

お菓子も賞味期限が短いものは相手の負担になってしまう可能性があるので注意してください。

あくまでも、相手に喜んでもらえる手土産を選ぶと良いでしょう。

一人暮らしの女性は挨拶無しで良い?

 

ここまで引っ越しには挨拶をするのが基本だということを前提に話を進めていますが、

 

一人暮らしの女性が引っ越しをする場合には逆に挨拶をしないことも多いです。

 

もし隣近所に自分が一人暮らしであることをむやみやたらと知らせると防犯上のリスクも高まってしまい、

 

最悪の場合、ストーカーなどの犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

学生寮や同じような単身の女性専用マンションなどでない限り、周囲のお宅を訪ねるのは控えたほうが良いです。

特に一人暮らしだと1~2年という短いスパンで転居する人も多いため、挨拶をしないことによって生活になんらかの悪影響が生じることはほぼありません。

ただ、最低限大家さんや管理人さんに挨拶は必要です。

補足

1人暮らしを始めるにあたって引っ越しの日は両親や親戚がいる場合も多いです。

 

もし未成年の学生さんが挨拶に伺うのであれば、その時は親と一緒に挨拶をしに行くのが無難でしょう。

しかし社会人の方や既に挨拶をきちんとできる方であれば、

何人も引き連れて他の部屋を訪ねるより1人で訪ねたほうが相手も変な警戒心を持たずに対応してくれます。

更に、仕事の関係でどうしても時間帯が合わない人には直接挨拶することが難しいです。

そういう方にはポストに挨拶状を入れておくとか、社員寮や学生寮であればドアノブに手紙を添えた手土産を提げておくのもやり方として挙げられます。

 

まとめ

 

そういうわけで、女性の引っ越しの挨拶についてご紹介してきました。

初めて引っ越しする方もそうでない方も引っ越しの挨拶というのは緊張するものです。

しかし、挨拶によってこれからの新生活を気持ちよく始められるため、

引っ越し直後だけでなく普段の何気ない挨拶から丁寧に相手と接することで、トラブルなく生活していけるでしょう。

この記事がその参考になれば幸いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました