カラーシャンプーは何が良いか?どれを使ったら良いの現役美容師が教えます!

スポンサーリンク

カラーシャンプーには『ムラサキ』『ピンク』『ブラック』『ブラウン』『シルバー』の色があります。

自分が何色に染めたかによって使うカラーシャンプーの色も変わってきます。

カラーシャンプーは何が良いか?どれを使ったら良いの現役美容師が教えます!

1.カラーシャンプーとは?

2.カラーシャンプーにはどんな種類がある?

3.カラーシャンプーの使い方?

カラーシャンプー

スポンサーリンク

1.カラーシャンプーとは?

カラーシャンプーとは、カラーの色持ちを良くするためのシャンプーです。

一般的に、カラーシャンプーには染料が含まれています。

少し時間を置いたり何度も使用しているとその染料が髪に定着して色持ちが良くなります。

また、ブリーチ毛や退色した髪にカラーシャンプーで少しずつ色を入れ、赤みや黄ばみを抑えていくこともできます。

デメリットとしては、泡立ちが弱く、通常のシャンプーより洗浄力は低めです。

また黒い髪に色を入れることはできません。

染料が強い物だと爪が染まってしまうこともありますね。

 

スポンサーリンク

2.カラーシャンプーの種類は?

カラーシャンプーには『ムラサキ』『ピンク』『ブラック』『ブラウン』『シルバー』の色があります。

自分が何色に染めたかによって使うカラーシャンプーの色も変わってきます。

⚫︎ムラサキ

とムラサキシャンプーは、『ムラシャン』などとも呼ばれ、1番認知度の高いシャンプーです。

ムラサキシャンプーは、退色した時に出てくる髪の黄ばみを抑えてくれる効果があります。

使い続けることで、ブリーチやハイトーンの白い髪をキープすることができますが、黄色味が強すぎる髪やオレンジに退色している髪には向かない場合があります。

 

⚫︎ピンク

ピンクのカラーシャンプーは、レッド、ピンク、オレンジなど赤系の色に染めたときに使います。

ピンクのカラーシャンプーは色が濃く入りやすいのであまり長い時間置かない方が良いでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナプラ napla N. エヌドット カラーシャンプー Pi(ピンク) 320mL & トリートメント 300g セット
価格:4280円(税込、送料無料) (2022/7/3時点)

楽天で購入

 

 

⚫︎ブラック、ブラウン

ブラックやブラウンのカラーシャンプーは、少ない白髪をカバーしたりブラウン系、ベージュ系のカラーの色落ちを防ぐ効果があります。

退色すると赤みが強くでる髪は逆にオレンジっぽくなってしまい相性が悪いのでNG。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナプラ N. カラーシャンプー Be ベージュ 320ml エヌドット napla
価格:2570円(税込、送料無料) (2022/7/3時点)

楽天で購入

 

 

⚫︎シルバー

シルバーのカラーシャンプーはモノトーン、シルバー、アッシュなど青系の色を入れた時に使います。

また、退色した時にオレンジっぽく出てきてしまう赤味を消してくれる効果もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホーユー カラーシャンプー アッシュ 150ミリリットル (x 1)
価格:2794円(税込、送料別) (2022/7/3時点)

楽天で購入

 

 

退色すると、とてもオレンジが強く出てしまう人には最近こんなのも発売されました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新商品】シュワルツコフ グッバイ オレンジ カラーシャンプー 310g GOODBYE ORANGE
価格:1320円(税込、送料別) (2022/7/3時点)

楽天で購入

 

 

真っ青なシャンプーがオレンジ味を消してくれますよ!

 

3.カラーシャンプーの使い方?

せっかくカラーシャンプーを使っても正しい使い方をしないと効果が発揮できません。

①まずしっかりぬるめのお湯で予洗いをします。

お湯だけでも汚れはある程度落ちると言われています。

美容室での予洗いは1分程度と言われていますのでいつもよりしっかり流しましょう。

②カラーシャンプーを泡立てる。

余分な水気を切ってからカラーシャンプーを泡立てていきます。

水分が多いと染料が薄くなってしまうのでしっかり水を切ってからシャンプーをつけます。

泡をしっかり立てると髪の毛の摩擦も少なくなるのでダメージになりにくいです。

③泡のまま5分程度時間を置きます。

ここで色が入っていくので泡パックのようにモコモコさせたまま時間を置いていきましょう。

④ぬるま湯で流し、しっかり水気を切ります。

⑤トリートメント

トリートメントも『カラートリートメント』というのがあります。

色の種類は同じなので、シャンプーと同じ色を使うと、より一層カラーの持ちもよくなります。

カラートリートメントはもちろんですが、普通のトリートメントでも5分程度は時間をおいてあげると色の入りや手触りも良くなりますよ。

いかがでしたか?

カラーシャンプーを使って少しでも気に入った色を長持ちさせたいですね!

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました