白髪染めにも種類があるって本当?自分に合うのはどんなもか現役美容師が教えます!

スポンサーリンク

白髪がチラホラ増えてきて、そろそろ白髪染めにしようかな?と思っている方!

白髪染めにも種類がある事を知っていますか?

それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分はどれが合っているのか見ていきましょう!

1.白髪染めとおしゃれ染めの違い

2.白髪染めの種類はどんなものがあるの?

3.あなたに合う白髪染めはどれ?

 

白髪染めにも種類がある

スポンサーリンク

1.白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

白髪染めとおしゃれ染めの違いについてお話しします。

白髪の量が少ない人は、まだおしゃれ染めでも良いのかな?白髪染めと何が違うの?と思う人も多いでしょう。

おしゃれ染めと言われるカラーは黒髪を明るくしたり、色を変えたりする際に使います。

色味も豊富で鮮やかに発色します。

白髪を染めることもできますが、染まらなかったり、薄く色が入る程度で落ちるのも早い場合があります。

白髪染めは白髪を地毛に近いような色から少し明るいくらいまでの色に染めることができます。

カラー剤自体に茶色の色素が多く入っているので白髪もしっかり染めることができますが、暗くも見えやすくなります。

また茶色が多く入っている分、おしゃれ染めに比べると鮮やかさには欠けるでしょう。

昔は白髪染め=真っ黒なものが多かったのですが、最近では明るさも色も種類が豊富になり、より自然に白髪をカバーできるようになりました。

 

スポンサーリンク

2.白髪染めの種類はどんなものがあるの?

白髪染めには『ヘアダイ』と呼ばれるアルカリカラー剤、マニキュア、ヘナカラー、トリートメントカラーが主な種類になっています。

それぞれメリットデメリットがあるので見ていきましょう!

○ヘアダイ(アルカリカラー剤)

こちらは一般的に白髪染めと呼ばれているもので、市販されているものもこのタイプのものがほとんどです。

このカラー剤は髪の中まで浸透し、髪色の元となっているメラニン色素を分解し発色します。

そのため色持ちも良く、黒い髪を明るくしたり、白髪を濃く染めることもできるので、しっかり白髪を隠すことができます。

また、色のバリエーションや明るさも選ぶ事ができるカラー剤です。

 

マニキュア

○マニキュア

マニキュアは別名『酸性カラー』とも言われるものです。

マニキュアは地肌にはつけず、表面をコーティングするカラーで、中まで染料が入らない分、毎日のシャンプーと共に少しずつ落ちていきます。

また、黒い髪を明るくする事ができないカラー剤なので白髪のところだけに色が入ります。

地毛に近いような暗い色から原色のビビットな色まであるのでポイントで原色を入れたりするのもステキですね。

マニキュアは表面がコーティングされるのでツヤ感がしっかり出て少しハリコシも出るカラー剤ですが、

マニキュアの後あまり時間を空けずにアルカリカラーなどを入れたい!となった場合、

コーティングが落ちていないところには色が入りにくくなってしまうのでスタイルチェンジする場合は相談してみてくださいね。

○ヘナカラー

ヘナカラーは草木を粉末にしたものをお湯で溶いて染めるカラー剤です。

独特な草木の匂いがするものもあります。

アルカリカラーにアレルギーがあって染めれない人でも天然のものを使っているので肌に優しくかぶれにくいと言われています。

ヘナカラーは染めていくたびに少しずつ蓄積していくので、3週間に一度程度全体を染めていくとキレイに染まっていきます。

1度染めただけだとシャンプーと共に少しずつ落ちていってしまいます。

色のバリエーションはありますが、黒い髪を明るくすることはできないのでマニキュアと同様、白髪にのみ色が入ります。

トリートメントカラー

 

○トリートメントカラー

トリートメントカラーは美容室のメニューにはありません。

一般的には市販されているものがほとんどです。

トリートメントなので白髪がしっかり染まるというわけではなく、毎日のお手入れで少しずつほんのり色が入っていくものです。

染料が濃かったり、時間を長く置いたりすると割としっかり染まるものもありますが、均一に髪に馴染ませる事が難しいためムラになりやすいです。

トリートメントの成分によっては、次にアルカリカラーを入れたいとなったときに染まりにくくなったり、希望の色にならない場合もあるので注意が必要です。

 

3.あなたに合う白髪染めはどれ?

⚫︎ヘアダイ(アルカリカラー)がオススメの人!

・白髪をしっかり染めたい

・明るめの白髪染めにしたい

・白髪染めを長持ちさせたい

ダメージさせたくない人、アルカリカラー剤が合わない人はNG。

☆最近ではアルカリカラー剤が合わない人用に『ノンジアミンカラー』を取り扱っているお店もあります。

ジアミンというカラー剤の成分が合わない為にかぶれたり、痒くなったりするのですが、その成分を取り除いたカラー剤になっています。

普通のアルカリカラー剤に比べると多少染まりが薄かったり落ちるのが早かったりとメーカーによって違いはありますが、

マニキュアやヘナよりも持ちは良いので、気になる人は美容室に取り扱っているかどうか聞いてみるといいですね!

⚫︎マニキュアがオススメの人!

・ツヤ感、ハリコシを出したい

・ビビットな色を入れてみたい

・アルカリカラー剤が合わない

・ダメージさせたくない

髪を明るくしたい人、色を長持ちさせたい人はNG。

⚫︎ヘナカラーがオススメの人!

・肌にも髪にも負担をかけずにカラーしたい

・アルカリカラーが合わない

・ハリコシを出したい人

・毎回違う色にしたい人、頻繁にカラーしない人

草木の匂いが苦手な人はNG。

 

⚫︎トリートメントカラーがオススメの人!

・手軽に白髪をケアしたい

・白髪はしっかり染めず馴染ませていきたい

・ダメージさせたくない

・肌が弱い人

ムラにはしたくない人、しっかり白髪を染めたい人、自分で定期的にケアしていくのが面倒と感じる人にはNG。

いかがですか?

白髪染めにも色々種類があります、自分の髪質や肌に合わせて選んでいけるといいですね。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました