ママチャリの語源はいつから?パパチャリもある雑学ネタ豆知識?

スポンサーリンク

ママチャリの語源はいつから?
ママチャリは日本独特の自転車のようです。

 

歩道など近距離を、買い物籠に荷物をいれ、あるいは子どもを乗せてゆっくり走る。

 

そのために、走行性を犠牲にして、サドルを低く、ハンドルを比較的高く設定してあります。

女子自転車

スポンサーリンク

ママチャリの起源は?

1960年代後期から1970年代前半ごろにかけて

流行した、

婦人用自転車なのですが、メーカーや販売店によっては「ホームサイクル」または
「ファミリーサイクル」と呼ぶ。

 

近年は中学校・高等学校の生徒の間でも、自転車通学のために利用されている。

 

ママチャリの名前の由来は?

ママはわかりますがチャリってなんですか?

「チャリンコ」から来ているのですが、
日本語なのか調べて見ました。

 

●「チャリンコ」とは子供のスリのことなのです、

江戸時代から使われていた言葉だった。

しかし現在は使われておりません。

●チャリンコの語源は自転車のベル音「チャリン」からきたとする説。

●朝鮮語で自転車を意味するチャジョンゴからきたとする説。

●また二つが合わさって出来たとする説。

関連性が薄く、俗説と思われるそうです。

 

日本で自転車をチャリンコと呼ぶようになったのは

1970年以降で東京を皮切りに東海地方を除いて全国で広がりました。

※東海エリアでは名古屋を中心に「ケッタ」「ケッタマシーン」と呼ばれているからです。

これは「蹴ったくる」が語源です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

チャリンコを新調🎶 #パパチャリ #保育園送り迎え #88cycle #ハチハチサイクル #

Ryoma Azami(@azamiryoma)がシェアした投稿 –

ママチャリならぬ「パパチャリ」もある?

パパのための自転車「88CYCLE(ハチハチサイクル)」

「ママチャリにはない男らしさ、利便性、乗りやすさ」

「自動車のようにカスタムが楽しめる」

というコンセプトで、あさひがライフスタイル情報誌「Daytona」および自転車工房チムチムレーシングと共同開発した自転車だそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エントリーでポイント10倍】ASAHI あさひ 88CYCLE ハチハチサイクル ミニベロ【bike-king】
価格:71276円(税込、送料別) (2020/1/15時点)

楽天で購入

 

 

パパチャリの定義?

第1条

お父さんが格好良く乗れること

第2条

チャイルドシートがマウント出来ること

第3条

利便性と乗りやすさを両立していること

第4条

子どもも乗りたがるデザインであること

第5条

お父さんがカスタムを楽しめること

第6条

たくさん荷物が積めること

最後に

あさひのハチハチサイクル パパチャリは、前輪でも通常のマウンテンバイクよりもちょっと太目くらいですが、

リヤタイヤはさらにかなり極太でタイヤ幅で15cmくらいあります。

子供の送り迎えやショッピングにも使用できますね。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました