6月の雑学!6月20日シチューライスの日でかける派・かけない派?

スポンサーリンク

毎月20日は 「シチューライスの日」。

 

これは、「ハウス食品工業」が制定した記念日なんです。

なにゆえ20日なのかといえば「5(ごはん)×(かける)4(シチュー)=20」と読む語呂合わせ。

毎月20日を記念日に制定したとのことです。

そこで、大真面目に御飯に“シチュー”をかける「シチューライス」という食べ方を提案したとか。

新しいカテゴリーの食品として、多くの人に美味しくに味わってもらうことを目的に2019年(平成31年)に一般社団法人、日本記念日協会に正式に認定・登録されたそうです。

 

なんだか「ハウス食品」のPRの片棒を担ぐみたい?ですが、これも面白いかも?

あまり知られていない(=と自分では勝手に思っている)シチューライスについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

シチューオンライスとは?

クリームシチューはご飯にかけるのか?かけないのか?という「御飯のおかずになるか否か」論争は置いておいて、

まずは「シチューオンライス」とは何かということです。

 

これはテレビCMで話題になった御飯にかけるシチュー。

これが、「シチューオンライス」という商品名です。

 

ビーフシチューならば、ハヤシライスとほとんど同じですから、御飯にかけても味は想像の範囲ですが、

これでは話題にも宣伝にもならず「没」だったでしょうね。

 

今回の話題の中心は『クリームシチュー』なんです。

ハウス食品の目的は、この「クリームシチュー」を御飯にかけるという、新たな『概念』の創作だったようです。

 

それが、「シチューライス」という食べ方です。

そしてそれにピッタリのルーが『シチューオンライス』なのです。

いったいどんな味がするのか、そして多くの人達はどのように受け止めているのか? 「シチューオンライス」はネット上ではそこそこ沸騰したようです。

 

ラインアップは二つ。

生クリームのコクとマッシュルームの味わいとほどよいスパイスの香りを付加した“チキンフリッカ風”。

それに、焦がしバターのコクと、ほどよいカレーの味わいとローストガーリックの旨みを付加した“カレークリーム”です。

ルーの色がぜんぜん違う?

 

シチューごはん専用の「シチューオンライス」と同じハウスのオーソドックスな「北海道シチュー」を食べ比べたレポートがあります。

 

「シチューオンライス」はチキンフリカッセ風ソースです。

同じように食材を炒め、同じように水を入れて煮る。

そこで、いよいよ“シチュールー”の投入です。

 

ルーを入れる時に初めて両者の違いに直面! 同じホワイトシチュー系なのに「北海道シチュー」のルーは白色なのに、「シチュウオンライス」のルーは茶色だったそうです。

 

シチューは両方とも美味しいそうです。

 

「北海道シチュー」は御飯にかけると、べちゃべちゃになる。

ん~なんだかしっくりこない! 「シチューオンライス」はしっかりとした濃い味付けでとろみも強く、

たしかに御飯に合う!!徹底的に御飯に寄せてきているのでした。

シチューをご飯にかける派・ナシ派

クリームシチューといえば、しばしば「御飯のおかずになるか否か」論争が、勃発することで知られています。

あるアンケートサイトで「かける派」・「かけない派」を調査した結果がありました。

ハウス食品独自の調査結果も併せてどうぞ!

□かけない派 64%(7550人)    ハウス食品 58%
□かける派   36%(4176人)    ハウス食品 42%    だったそうです。

まとめ

「シチューオンライス」はやっぱり、御飯に合うように作られているということです。

「シチューは御飯に合わない!」という固定概念をガラリと変えるような商品です。

ハウス食品が、「シチューライスの日」まで制定して取り組んだ、意気込みの凄さをヒシヒシと感じます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました