11月の雑学!11月22日はいい夫婦の日の歴史は?オススメプレゼントは?

スポンサーリンク

11月22日はいい夫婦の日です、最近はこの日に婚姻届をだすカップルも多くなりました、

2000年代に入り、一般にも認知されるようになり、

11月22日に入籍する有名人なども増えています。

 

コミニュケーションが苦手だといわれる日本人の「夫婦」が、お互いに感謝の気持ちをかたちにするきっかけを作ることを目指しているそうです。

 

そこで、11月22日はいい夫婦の日の歴史やオススメプレゼントなど紹介します。

スポンサーリンク

11月22日はいい夫婦の日の歴史は?

夫婦

1988年に、財団法人余暇開発センター(現日本生産性本部)によって提唱されました。

その後1998年に「いい夫婦の日」を“すすめる会”が設立され、現在もその普及を推進しているそうです。

1985年に日本政府の経済対策会議にて、ゆとりの創造月間として、11月が提唱されました。

「11月22日(=いいふうふ)」と読める語呂合わせによります。

オススメプレゼントは?

11月22日は「いい夫婦の日」。 

日頃の感謝を込めて、夫や妻へ素敵なプレゼントを贈ってはいかがですか? そこで、おススメのプレゼントをまとめてみました。
(1)夫から妻へ
・ネックレス: ジュエリーのプレゼントと言えばネックレス。 照れるような言葉を添えて!
・ブレスレット: 誕生石やパワーストーン等。パートナーの好みのデザインで!
・花束&メッセージカード: 花束は身近なようで、意外と貰う機会が少ないようです。
・旅行: 「いい夫婦の日」にちなんだキャンペーンを実施するホテルも多いようです!
・ペアカップ: 二人で過ごす毎日のティータイムがよりハッピーになります。
・手料理: いつも食事を用意してくれる奥様の為に挑戦しましょう! でも、後片づけを忘れづに!
(2)妻から夫に
・ボールペン: 旦那様の株が上がるようなワンクラス上の逸品を探しましょう!

・ネクタイ:何本あっても困りません。 お仕事のやる気スイッチを押しましょう!

・日本酒やワインなどのお酒:ちょっぴり良いお酒でふたりの時間を大切にしては!

・下着:この機会にまずは普段の下着がくたびれていないかチェックしてみては!?

 

いい夫婦の日に何をするの?

「いい夫婦の日」とは、すなわち、「二人の時間を大切にする日」なのです。

つまり、奥さんや旦那さんに対して普段では伝えられないような感謝の気持ちを『カタチ』にして伝える日です。

お互いへの感謝の気持ちを相手に伝える“キッカケ”を作ってくれるのが「いい夫婦の日」。

 

普段なかなか言えないことを、この日を利用して伝えましょう。

きっと相手は喜んでくれますよ。

で、いい夫婦の日の過ごし方は?と悩む人も多いでしょうが、単刀直入に言うといい夫婦の日の過ごし方に正解はありません。

お互いがより良好な関係になる事が目的ですから、これをしなきゃいけないという決まりもありません。

とは言っても、一つの参考として、子育て中の夫婦におこなった、「いい夫婦の日の理想の過ごし方は?」というアンケートに対する回答です(複数回答可)。

1位:夫婦で食事 79.9%
2位:夫婦で旅行 32.5%
3位:家族で過ごす 31.2%        でした。

ただし、「普段から夫婦で外食に出かけるか」のアンケートに対して最も多かった回答は『夫婦のみで外食しない(=47.1%)』だったそうです。

理想と現実のギャップは大きいですね。

その他のアンケートでは、以下のような回答もあるそうです。

1位:特に何もしない(48%)
2位:食事に出かける(29%)
3位:お家でお祝いする(12%)

要は、夫婦の日の過ごし方に正解はありません。

まとめ

子供優先の生活が当たり前の日本ですが、やはり、夫婦円満の秘訣は、子供のいる家庭でも、夫婦二人の時間を過ごす、

欧米のような『デート・ナイト』という習慣を持つように努力したいですね。

夫婦がいつまでも、恋人同士であることは、子供の豊かな精神の成長と、子供の独立心の育成に繋がります。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました